シグマレンズ

シグマレンズ

シグマズームレンズは純正と比べてどうでしょうか。 キャノンレンズは全体に高めの価格なので、普段使いには 性能の良いシグマレンズなどを使っている方は多いです。 シグマレンズの中でも18-200mmズームをご紹介します。



ルナワンサーチ通販 > シグマレンズ

シグマレンズ キャノン用

 

シグマズーム 18-200mm F3.5-6.3IIDC OS HSM
シグマレンズの中でも、シグマズームレンズ 
キャノン用はとてもいいレンズです。

手ブレ補正 超音波モーター搭載です。
純正も含めて、一番軽いのが特徴です。

重量490gは、純正より100g軽いのです。
カメラにセットしたときの重さは全然違います。

望遠端の画像は素晴らしくシャープです。
広角端はわずかに純正の方がシャープです。

でも全体にキリっとした感じがシグマの特徴です。
シグマとキャノンのズーム回転方向が一緒なので
違和感がありません。

それにフィルター部分はピント合わせのときに回転
しないのでPLフィルターを取り付けたときも便利。

価格も3万円ちょっと。シグマレンズは手ごろで
オススメです。


 

シグマレンズ 評価

 

シグマレンズとタムロンレンズを比較すると、
タムロンからは1万5千円を切るズームレンズが
出ています。

最安値でユーザーも多いのです。
ただ、これは安くていいのですが、手ぶれ防止が
付いていません。

ペンタックスなど、本体側に手ぶれ防止機能が
ある機種ならこれもいいかもしれません。

そして、タムロンはやや画像のピントが甘いと
いう口コミです。

まあ価格相応といえます。

そして、キャノン純正の方は、5万円以上です。
余裕があるなら純正をおすすめします。

青空の絶妙な色合いは、ニコンやキャノンの特有
の色で、サードパーティーでは出せません。

コストパフォーマンスでは、3万円で手ぶれ防止の
新品が買えるシグマに軍配が上がりますね。


 

シグマレンズ トップへ戻る